視力0.1以下からの回復プロジェクト

視力0.1以下の強度近視を、視力アップさせる方法を考えるサイトです。視力0.05、0.04、0.03、0.02、0.01は必見です。

サイトトップ > 視力が落ちる原因は?〜メガネとの付き合い方

視力が落ちる原因は?〜メガネとの付き合い方

視力が落ちる原因には、さまざまなことがあります。
そのなかで、ここでは目がいいレベルの人から、視力0.1以下などの強度近視の人まで、急激に視力低下する要因を解説したいと思います。

ちなみに視力が落ちる原因には、目の酷使や近くの見すぎ以外に、眼病のことがあるので、気づいたらすぐに眼科医院を受診することが大切です。ドライアイで目の表面が乾いても、光学的に不安定になるために視力が落ちます。遠視や乱視、弱視といった原因も考えられます。白内障で水晶体がにごっても、視界がぼやけます。

さて、今まで視力2.0や1.5といった目がいい人が、急激に視力が落ちる場合、その原因は目の酷使にあることは言うまでもありません。たとえば今まで目がよかったのに、入社して毎日パソコン作業をするようになってから、急に目が悪くなった、などです。学校の授業や、中学・高校の受験勉強でも同様です。

この場合、視力が落ちる原因は、長時間近くを見続けているからです。パソコン画面と目との距離は、ほとんど一定であり、一日中この距離でパソコンなどのVDT作業をしていると、目のほうが環境に合わせて、近くを見るときに負担の少ない目=近眼に作り変えてしまうのです。近視とは、近くを長時間見ても疲れにくい目なのです。

視力が落ちるとき、目の内部では毛様体筋の緊張が解けなくなっています。これがピントフリーズ現象であり、仮性近視です。遠くを見たときに、ぼやけてピントが合わないわけですね。この段階で早期対処すれば、眼科の点眼治療やワックという視力回復の機械によって視力が改善することがあります。しかし仮性近視を過ぎると、眼科ではお手上げになり、メガネやコンタクトレンズの装用を勧められることになります。

このように視力が落ちる原因は、近くの見すぎなわけです。
言い換えると目のなかでは、毛様体筋が異常に緊張しつづけているためです。そこで近業作業のとき、老眼鏡(遠視用メガネ)を装着すると、毛様体筋の負担が軽減され、近視を予防できます。毛様体筋は緊張することによって水晶体を厚くし、焦点を角膜の方向に引き戻しますが、焦点距離を短くする凸レンズに、その代役をさせるのです。

目がいい人は、近くのときだけ老眼鏡を掛けると、視力が落ちる要素が減少します。普段近視用メガネを掛けている、軽度近視の人は、手もとを見るときだけメガネを外すと、視力が落ちづらくなります。手もとが見えないほどの視力0.1以下の極度近視の人は、普段の近視用メガネ以外に、近く専用の近視用の凹レンズを作成しましょう。

もし、普段ずっとソフトやハード、使い捨てコンタクトレンズを装用している人は、近くを見るときにいちいち付け外すのは面倒です。この場合は、視力が落ちることへの対策として、コンタクトレンズをしたまま、その上から老眼鏡つまり遠視矯正用の凸レンズを装着しましょう。これだけで視力が落ちる危険を減らすことができます。

視力が落ちる原因は、近くの見すぎ、つまり毛様体筋の緊張のほかに、視野が狭くなることや、外眼筋の緊張も考えられます。近くの本や教科書を長時間見ていると、どうしても風景を眺めているときよりは、視野が狭くなります。ただし速読を習得している人は別です。速読法では視野を広く取りながら、活字を読んでいくのです。

近くの参考書や資料、あるいはパソコン画面を長時間見ていると、よく見ようとして、どうしても凝視しがちになります。これは眼球の動きが減少した状態であり、まばたきも少なくなって目の表面にも負担がかかっています。そのため眼球の周囲を取り巻いている外眼筋がこわばってきて、眼球を変形させる危険があります。これも視力が落ちる要素として無視はできないものです。

この場合も、速読術なら高速で目を動かして活字を追っていくために、眼球の運動不足になることはあり得ません。このため速読訓練は、近視の視力回復トレーニングの方法でもあるのです。スポーツでいえば、動体視力訓練に通ずるものがあります。当サイトでは以下のリンクで、速読法を基調とした目のエクササイズ法をご紹介していますので、よかったらご覧下さい。

視力0.1以下の回復法一覧