視力0.1以下からの回復プロジェクト

視力0.1以下の強度近視を、視力アップさせる方法を考えるサイトです。視力0.05、0.04、0.03、0.02、0.01は必見です。

サイトトップ > ぼやける原因って何?〜目の病気や近視、遠視、老眼

ぼやける原因って何?〜目の病気や近視、遠視、老眼

目がぼやける症状には、さまざまあります。
また対象の何がぼやけるのかで、人それぞれ悩みが違います。文字、画像、絵がぼやける、視界、コンタクト、ディスプレイがぼやける。あるいは片目だけがぼやける、視界の中心部がぼやける、レーシック手術後にぼやけてしまう、などなど。

まずぼやける原因として、長時間近くを見たあと、遠くに目をむけると、遠くがぼやけます。いわゆるピントフリーズ現象ですね。仮性近視や偽近視、調節痙攣、調節緊張ともいいます。これは近くを見るときに毛様体筋の緊張が必要になるため、遠くを見てもその緊張が取れなくなってしまった状態。そのため水晶体が薄くならずに、遠くがぼやけて見えるのです。

それでは、近くがぼやける症状はどうでしょうか?
これには、いくつかの原因が考えられます。乱視でも遠視でも近くがぼやけます。視力0.1以下の近視であっても、手もとがぼやけて見えません。弱視でも見えないことがあります。もちろん老眼のこともあります。とくに40代以降はそうです。ただし白内障のこともあります。老眼になると水晶体が硬化するために、厚くできずに近くにピントがあわないのです。そこで老眼鏡を装用するわけですね。

とくに幼児や小学生の子供の場合、視力0.2などでも遠視の場合があるので要注意です。遠視とは、遠くも近くもぼやける目の症状なのです。弱視にならないためにも、遠視の早期発見は大事です。

目がぼやける症状には、視界全体に霞がかかったように見えることがあります。これはレンズ系の角膜や水晶体が白くにごっていると考えられます。家でいえば、すりガラスを通して外を眺めているようなものですね。一時的な濁りのこともありますが、ひどくなるとガラスを入れ替えなければなりません。つまり角膜移植とか白内障手術です。

角膜は急性緑内障の前兆として、眼圧が上昇すると白くにごって、ぼやけることがあります。またドライアイになると角膜表面に涙が乗らなくなるため、光学的に不安定になり、ぼやける原因となります。この場合、ヒアルロン酸配合の目薬などが役立ちます。そのほか角膜ヘルペス、角膜がとがってくる円錐角膜、角膜真菌症、細菌性角膜炎、ウィルス性角膜炎などによっても、ぼやける症状が起きることがあります。

コンタクトレンズの無理な装着によって、角膜内皮細胞が減少すると、角膜内に房水が浸入して、ふやけ、角膜が白く濁ります。これは、当然視界がぼやける原因となります。これを水疱性角膜症といいます。また水道水で目を洗っていると、コンタクトレンズでつくった角膜の傷からアカントアメーバが侵入し、白く濁ることがあります。

水晶体の濁りである白内障は、50代では大半の人がかかるといわれている、加齢性の目の病気です。進行には個人差があり、一生涯気づかない人もいる反面、急速に進んでいく人もいます。白内障によるぼやけは、白内障手術をすることによって視力改善します。そのさい、老眼や近視、遠視、乱視も同時に視力回復させることが可能になっています。

目がぼやける原因には、網膜の疲れもあるかもしれません。
パソコンの強い光を見ていると、網膜にある視物質ロドプシンの再合成が追いつかなくなります。そのため目がチカチカすることに。またパソコン作業は画面を凝視しがちなので、涙の乗りが不安定になり、前述のようにぼやける原因となります。パソコンのモニターは、涙の蒸発量を抑えるために、目線より下に配置するといいのです。

眼科に行くと、眼底検査のさいにミドリンMなどの散瞳薬を点眼します。そのときにぼやける症状が起きます。電灯の周囲がにじんだり、まぶしくなったりします。遠くも近くの文字もぼやけるのです。これは瞳孔が開いているために、水晶体の収差が大きいところで、ものを見ているためです。数時間後には視力改善するので大丈夫です。

仮性近視の治療のため、サンドールなどの点眼治療を行なう場合は、寝る前に目薬をさします。すると瞳孔が開いた状態がつづきます。これは、ぶどう膜として連動している毛様体筋を弛緩させるので、睡眠中ずっと遠くを見ているような状態になります。そのため仮性近視の治療に用いられているのです。学校の黒板が一番うしろの席からぼやけるようになってきたら、このように散瞳薬の治療を行ないます。

そのほか目がぼやける原因としては、心因性のものも考えられます。これには二つあり、脳と自律神経です。小学生の子供の症状として、心因性視力障害があります。これは眼球や視神経には全く異常がないのに、脳が強いストレスを受けるために、ぼやける原因となるのです。

そのほか強い精神的ストレスがかかると、自律神経が乱れます。
自律神経失調症などです。そうなると自律神経に支配されている、不随意筋の毛様体筋が水晶体をうまく調節できなくなることに。そのため遠くがぼやける症状が起きるのです。妊娠や出産、産後、更年期などには、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌サイクルに変動がおきたり、分泌が減少することがあるため、目がぼやけることがあるかもしれません。

視野の中心部だけがぼやける症状が起きると、黄斑変性症や中心性網膜炎の可能性があります。これは視力にとって最も大切な黄斑部が犯される眼病です。中心性網膜症の場合は、時間の経過とともに完治することもありますが、加齢黄斑変性の場合は、確固たる治療法が確立されていません。ただ緑黄色野菜に含まれているルテインというカロテノイドが有効といわれています。

視力0.1以下の回復法一覧