視力0.1以下からの回復プロジェクト

視力0.1以下の強度近視を、視力アップさせる方法を考えるサイトです。視力0.05、0.04、0.03、0.02、0.01は必見です。

サイトトップ > 目が良くなる本〜マジカルアイなどの3dアート

目が良くなる本〜マジカルアイなどの3dアート

目が良くなる本は、本屋に行けばかなり目に付くようになりました。
3Dアートのイラストや写真が掲載されていて、平行法や交差法といった特殊な見方をすると、絵が浮き出て見えるというものですね。視力回復の本というわけです。

いまはテレビでも映画でも、3D化が流行しています。
ゲーム機でも、ニンテンドー3DSが発売されますね。3Dになると立体感が出るために、もしからしたら近視化に歯止めがきくかもしれません。テレビや映画のなかの風景を見ていても、けっして遠くを見ているわけではなく、テレビまでの距離を見ているに過ぎないのです。

さて目が良くなる本には、マジカルアイとかマジックアイ・エクササイズという目の本があります。そのほかマジカル3D、ファンタジー3D、ミラクル・アイ3Dなど、いろいろな本の名前があります。栗田氏の「3D写真で目がどんどん良くなる本」も人気があります。

目が良くなる本では、平行法と交差法を使って、イラストや絵を眺めます。平行法とは目を開く見方であり、交差法は寄り目になる見方です。視力0.1以下の強度近視に役立つわけではないので、注意しましょう。せいぜい仮性近視の視力回復に効果がある程度と思われます。

目が良くなる本の訓練では、近視の人は、ふだん寄り目が多いので、目を開く平行法を視力訓練するといいと思います。反対に、寄り目が苦手な老眼や遠視の人は、交差法の目のエクササイズをするといいでしょう。乱視には、さして効果がないものと考えられます。もちろん、幼児や小学生の子供に多い弱視や斜視の目の訓練ではありません。また、白内障や緑内障などの眼病をよくする目のエクササイズでもないので、注意しましょう。

目が良くなる本を前後左右に動かすと面白いと思います。
交差法や平行法で、CG(コンピュータグラフィック)のイラストを立体的に見つつ、前後に動かすのです。そうすると毛様体筋が緊張と弛緩をくり返すので、目をリラックスさせながら眼の運動ができます。また立体的に見つつ、上下左右に視力回復の本を動かせば、内眼筋をリラックスさせながら、外眼筋をトレーニングすることもできます。回転させても、おもしろいかもしれません。

目がよくなる本は、以上のように3dのイラストが見れますが、パソコンソフトもあります。視力回復のソフトですね。目がホリデーとかストレッチアイという視力のソフトです。これは3dの立体視をパソコン画面でできる、というものです。画像を拡大縮小できたり、BGMを流せたり、タイマーをセットできたりと豊富な機能があります。

目が良くなる本は、3dアートのマジカルアイだけではありません。健康雑誌の別冊で、付録にピンホールメガネがついているタイプもあります。穴あき眼鏡を通すと、メガネレンズなしでも遠くのものを見ることができます。

そのほか目が良くなる本には、脳から目をよくする書籍、視力回復センターの内容が書かれた本、眼科医が執筆したもの、レーシック手術が詳しく書かれたものなどがあります。超音波治療器を紹介している視力の本もありますね。神絵氏のウインク視力回復法も人気があります。私も定期的に本屋を訪れ、かならず新しい「目が良くなる本」がないか探しています。新刊があれば、手にとって見ています。視力回復の情報を見逃すまいとアンテナを常に張っているのです。

視力0.1以下の回復法一覧