視力0.1以下からの回復プロジェクト

視力0.1以下の強度近視を、視力アップさせる方法を考えるサイトです。視力0.05、0.04、0.03、0.02、0.01は必見です。

視力0.1以下からの視力アップ方法

視力0.1以下からの回復プロジェクトは、視力0.1はもちろん、視力0.09、0.08、0.07、0.06、さらには視力0.01までの強度近視をアップさせるには、どうすればよいかを考えるサイトです。

視力0.1は、近視にとって重大な節目の段階です。 というのは、だいたいこの度数のあたりから、日常が不自由になってくるからです。視力0.1程度なら、ふつうに歩けますし、手もとも裸眼視力で見えるので、なんとか生活できてしまいます。

ところが視力0.1以下ともなると、歩いてくる人の顔も見えず、手もともぼやけて見えます。視力が落ちる、視力が悪い、視力が落ちたということを痛感する極度近視といえます。

視力0.1以下の人たちが集まる「裸眼会」という、面白い企画がありますね。裸眼科医ではありませんよ^^;これは家を出るときから、ずっと裸眼でいて、飲み会の最中もずっと裸眼視力0.1以下のままでいようという企画です。その趣旨は、できるだけ自分の目の筋肉を使って、ものを見ようということにあるようです。眼鏡などに頼っているかぎり、視力回復は困難だというわけです。

視力0.1以下ともなると、裸眼ではほとんど見えませんから、必然的にメガネやコンタクトレンズを装用することになります。しかしメガネだと、適正な度数のものがないことがあります。それほど重度近視なのです。

視力0.1以下の近視を強制する眼科治療法としては、そのほかに睡眠中に視力を良くするオルソケラトロジーやオサートがあります。この視力回復コンタクトレンズだと、昼間は視力0.1以下であっても、視力1.0とか1.2まで視力upさせることができます。ただし視力0.01という悪性近視だと、視力回復はオサートで行ないます。

視力0.1以下の強度の近眼を改善させる方法として、近視の視力回復トレーニングの方法があります。視力0.1以下ともなると、小学校や中学校の視力検査(学校検眼)ではD評価であり、極度に目が悪い状態です。

この強度近視を回復させるには、市販されているマジカルアイなどの3Dアートの立体視では、ほとんど効果がありません。また100円ショップで販売されているピンホールメガネも気休め程度にすぎないでしょう。ネットで売られている視力回復機や超音波治療器ソニマックやミオピア、アイパワーなども、仮性近視を視力改善させる程度です。

視力0.1以下の目をエクササイズによって視力アップさせるには、毛様体筋ではなく、外眼筋に着目しなければなりません。外眼筋が眼球を締め付けることによって、眼球が縦に伸びるため近視になるという理論をベイツメソッドといいます。

速読教室では、文字を読むときに目を高速で動かしますが、これはまさに近視の視力回復トレーニングと同じです。また動体視力の訓練でもあります。眼筋が強化されると、眼球を手前にひきつけて、眼軸長が元に戻る可能性が期待できます。

視力0.1以下からの回復プロジェクトが、視力0.01以下の強度の近視に悩む人たちにも役立つサイトになれば幸いです。
>> 視力0.1以下の近眼を改善させる、視力回復トレーニングはこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力の治療法と改善法 視力向上の方法 視力トレーニングの方法と極意 視力アップトレーニングの方法 子供の近視を治す

視力0.1以下の目を視力改善させるコツ